スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

こんなんあります。

今治市がこんなものを作ったようです。ひらめき

 

 

 

 

 

 

 

メインターゲットはサイクリストですね。自転車

 

 

 

大野さんの意見も反映されているようです。晴れ

 

 

 

 

 

 

こんな感じで地元の人が作ってくれているマップっていいですよね。芽

 

スタッフも旅行に行くと、現地に用意されている名所マップをあれこれ眺めて楽しんでます。ちょうちょ

 

 

 

事務所においてますので、興味のある方はぜひ。バイバイ

中心

今治市民会館のシンポジウムに行ってきました。バイバイ


丹下健三について研究されている、広島大学大学院の千代准教授の話を聞いていると・・・


どうやら丹下さんは、公会堂を交差点の近くに配置することで、


公会堂が街の「中心」となるように、考えていたらしいとのこと。









・・・。



今まで数年間、まちづくりの話になるたびに、


今治の街の「中心」とはなんぞや、という問いに答えが出ないままになっていましたが・・・顔文字


丹下氏によるその答えは「公会堂」なのだと初めて判明。ゆう★








確かに、広々と気持ちのいい雰囲気を作ろうと思ったら、


この場所に建物を作らず、もっと交差点から遠い場所に配置するのが普通の発想。




丹下氏があえてこの場所にしたのは、文化活動の拠点となる公会堂をまちの「中心」に据えることで、


市民みんなの心の拠り所が街の中心となり、


文化活動という「核」を持った豊かな街へと発展していくことを、期待したのではないか・・


と初めて気づきました。家





そもそも、丹下氏に市役所と文化施設の設計を依頼したのは今治市なわけで、


今治市は当時から、「街の重要な機能」としての市役所と同じくらい、


「文化活動の拠点」である公会堂が、街にとって、市民にとって、


とても重要なものであると捉えていたということになります。バイバイ





この今治市と丹下氏の構想は成功したようで、公会堂があまりにも大盛況でその補完施設が必要になり、

数年後に追加で作られたのが今治市民会館なのだそうです。芽



そう考えると、第二の文化活動の拠点となる、今治市民会館を保存する意義も見えてくるような気が・・・。ゆう★






今まで市役所・公会堂・市民会館の保存・再生に関して、


自分たちで尽くせる手はやりつくして暗礁に乗り上げていた問題に、ゆう★


新たな世界が開け、解決の糸口がちらっと見えたような気がしたスタッフでした。芽





ちなみに、岡河准教授による「丹下健三はミケランジェロに匹敵するすごい偉人だ!」という例え話がありましたが、


スタッフは?????だったのですが・・・










ミケランジェロやレオナルド・ダ・ヴィンチに関する基礎知識のある方にとっては、


秀逸の例えなのだそうです。ちーん








 

今治市民ひろば


お知らせです。バイバイ



3月20日(日)に今治市役所、市民会館、公会堂で取り囲まれる「市民ひろば」についてのフォーラムが開かれます。ひらめき








丹下健三氏がこれらの建築群を設計する際には、鉛筆


その中央に、今治の街の核となる「広場」を作ることを重要なポイントと考えていたようなのですが・・・木









車社会の時代の波に押され、とても自然な流れで「駐車場」に・・・車




(もちろん、スタッフも利用者の一人。ゆう★ )









・・・・。










しかし!?








これは本当にこのままでもいいのか!?








ちょっとみんなで話し合った方がいいよね!?









という感じで、ひらめき











丹下氏が思い描いていた「広場」を核とするまちづくりについて、


その道の偉い先生に解説してもらって、それを参考にしながら、


今治の街のこれからについて、みんなで考えようびっくりゆう★













という感じのフォーラムです。









(ざっくり言い過ぎですかね・・・ゆう★












日時  2016年3月20日(日)

    開場:13:30  開演:14:00〜16:00

場所  今治市民会館大会議室




拡大図はコチラ↓

http://www.jia-shikoku.org/wp-content/uploads/2016/02/13b5d1c1ab58133b256482547e5c51b3.pdf



入場無料です。ゆう★


お時間のある方は、ぜひぜひお越しください。走るき

 

まさかの

どうも最近、


大野さんが2002年に設計した、「コンテックスタオルガーデン」が・・・


レタスクラブの愛媛特集に登場したようです。






右下隅に、小さく愛媛の文字が見えますね・・・)





まさか、建築雑誌でも旅行雑誌でもなく、


料理雑誌に登場するなんて・・・・。






スタッフが書店に探しに行ったら、時すでに遅し。


もう次の月の号に入れ替えられてました。


もうちょっと早く教えてほしかった・・・。






なので、この機会に少しご紹介。





コンテックスタオルガーデンは、


コンテックスという今治タオルメーカーの製品を展示・販売しているショップで、


もともとタオル工場として使われていた建物を、一部改装したものです。







こだわりの緑茶セットや、コーヒーが楽しめるカフェも併設されています。






スタッフも、遠方から友達がきた時や、


プレゼントを選ぶ時なんかに時々おじゃましてます。


建物ももちろんですが、置いてあるタオル製品も質が高くてオシャレなものばかりで、


カフェで出てくるコーヒーや緑茶のセットもいい具合で、


ステキなひとときを過ごせる空間です。






場所は今治市内ですが、少々説明しにくいので・・・


「コンテックス タオルガーデン」で、ご検索を。 スミマセン


一応、196号沿いに看板がでているので、近くに来ればわかるはず。


今治にお立ちよりの際は、ぜひ。

イベント

 


最近、事務所にはこんなステキなポスターが。







丹下健三生誕100周年となる今年、


3月23日(土)に香川県庁舎で開かれる、丹下イベントの講演会ですね。


神谷宏治さんとは


丹下健三全盛期の主要メンバーで、代々木の体育館も彼の担当だったとか。


・・・・超スゴイ。


(スタッフは最近初めて知りました。)


会場となる香川県庁舎も彼の担当だったようで、


丹下健三の名作に触れながら、担当者の話を直接聞けるという、


なんとも貴重な講演会なのです。







申し込みは不要ですが先着順なので、


興味のある方は、早めに愛媛を出発しましょう。







そしてもうひとつ、なんだかアートなチラシが。





瀬戸内国際芸術祭2013。


こちらは春、夏、秋にそれぞれ実施して、


瀬戸内海の美しい季節の移り変わりを、アートとともに満喫しちゃおう


というイベントのようですね。






今年に入ってから、フツーにイオンで買い物してても、


丹下健三特集のフリーペーパーが並んでいたりして・・・


楽しいイベントがたくさんな一年になりそうです。

今治まちあるき




7月1日(日)は、建築士会今治支部で、 市内の小学生を集めて街歩きをしてきましたゆう★



こういうイベント初めての試みだとか。
 



 


市役所を出発し・・・
 



 



今治城の外堀跡を見物し・・・


(街を歩くオレンジ軍団と子供、目立ちますね。


 



赤レンガが美しい、今治タオルの前身、織物工場跡も拝見。




実はこれ、

 

 



壁のみなんですけどね。
 

所有者の方が、建物の一部を残してくれたものです。





そして・・・・






 


今治城へ到着。







みんなであやしい入り口をくぐると・・・






今治城名物、犬走り


(通常は立ち入り禁止なのです。)








犬走りから見上げる石垣。









今治城の築造主であり築城の名手、藤堂高虎さんの説明を受け・・・







今治タオルの父、矢野七三郎さんの説明も受けます。







最後は、復元されたばかりの鉄御門(くろがねごもん)前で解散。


いや〜、雨の心配もしていましたがイベント中は晴れてくれたし、


街の歴史が今でも残っているのを教えてもらえたし、


子供はとにかく元気だし、楽しい一日でした。










解散後、でっかい石の前でお迎えを待つ子供とSさん。


(この石も今治城名物で、甚平石というそうです。)

御礼

 
12月11日(日)、今治市民会館で行われたシンポジウム。





たくさんの方にご来場いただいて嬉しい限りです。

足を運んでくださった方々、本当にありがとうございました。



予想していた以上に建築関係以外の市民の方にも集まっていただけて、

中には、「今まで古くて使いにくい、としか思ってなかったけど、

話を聞いたら残した方がいいなぁと思ったよ。」

と言っていただいたりして、

感無量でした。



中でも、スタッフが特に感銘を受けたのは、

地方都市である今治市がなぜ、

わざわざ著名な建築家に市役所の設計を頼んだのかというお話。

戦後、ゼロからのスタートを切ろうとしていた当時の、

未来へ向けた街づくりに対する今治の人々の意気込みのすごさを感じますねぇ〜





これが松山や内子、宇和島だったら少し町のイメージが違ってくるわけで、

これらの丹下建築たちが似合うのも、今治の町ならではなんだなぁ〜と

スタッフ個人的にも、見聞が広がった一日なのでした。

丹下建築と今治〜瀬戸内

 

取り壊しか保存かで揺れる、

丹下健三氏設計の今治市民会館。



必ずしも保存のみを求めている訳ではないのですが・・・・



せめて

戦後の復興期に、これから発展する日本の未来を思い描いて、

丹下氏が設計した建物の価値や、

まちづくりの意図を知ってほしい。



・・・というわけで、

12月11日(日)に今治市民会館で、

今治にゆかりのある専門家の方をお招きして、シンポジウムを開きます。











定員300名(先着順)とありますが・・・・・まず、大丈夫です。

お時間のある方はぜひ。

無料で予約等はいらないので、

直前になって、「・・・・・・・やっぱ行く!」

というのも大歓迎です。





ちょっと話はズレますが、

先日、たまたま広島の原爆ドームを訪れたスタッフ。





 ↑ 丹下氏設計の平和記念公園を望んで建つ原爆ドーム。

戦後、原爆ドームを壊すか残すかで議論が分かれていた際、

(ってか原爆ドームも一時、壊されかかってたんですねぇ・・・)

丹下氏は残すべきだと考え、

この原爆ドームを平和を誓うシンボルとしてとらえられる形状に、

平和記念公園を設計したようです。






・・・・・スゴイ。





なんというか、視野が広い。






おそらく、丹下氏が見ていたのは、

設計コンペで与えられた敷地と課題だけではなく、

その背景にあるもの。

敷地を取り囲む周辺の状況、

将来にわたる平和記念公園のもつ意味、

何を残してどういう形状をとれば、人の心に響くのか・・・

などなど。




とにかく、広くて深い。




丹下健三氏の建築やその設計の意図を知ることで、

町全体を知ることにつながるんですね〜




ということで、

丹下氏の建築を知ることで、

建築だけでなく、今治・瀬戸内の町についても新たな発見をしましょう。 

というシンポジウムなのです。

(強引?




今のところ第2回を開催する予定はないので、

今回が最初で最後のチャンスです。

お時間のある方はぜひぜひご来場ください。

建築ツアー

 
19日(土)は、建築士会の今治建築ツアー&懇親会の日でした

先週末はあいにくの天気で・・・




どよ〜ん。

改めて写真で見ると、気分が暗くなってしまいそうな曇り具合。



なぜか、スタッフか大野さんが大三島に行くときは、

かなりの確率で悪天候です。

雨男???雨女???




しかし

日頃の行いがいいのか、しだいに晴れてきて・・・





30分後にはこのくらいに。

シルバーハットの軽快さには、やっぱり青空が似合います。





ところミュージアム、岩田ミュージアム、伊東ミュージアムの3カ所を回る今回の建築ツアー。

行き帰りのバスの中で流されたビデオも良かったです







最後に・・・






帰り際に遭遇した、なんとなく神々しい光景。

きっと、神様はこういうところから降りてくるんでしょうね〜

無事

 
土日に今治市内の美須賀コミュニティプラザで開催された、

「今治のまんなかにこんなものがあったらいいな!」こども絵画コンクール in 2011

全作品展示&表彰式が、無事終了しました






受賞者を集めての表彰式は、今年が初めてのようでしたが・・・






みんなで試行錯誤した結果、

どこの表彰式にも負けずとも劣らない感じでにできました。



それにしても、最近の子供の名前は面白いというのは本当ですね〜。

学校の先生なんかは大変かもしれませんが・・・

名前に込められた親御さんの愛情が感じられます。



そして

気になるA氏によって作られた模型は・・・





この絵から・・・




こんな模型に



いや〜、毎年毎年進化しています。

組み込まれたLED照明がいいですよね。

どんな形でも作り上げてしまうA氏、さすがです。




こちらの模型と、他20点の受賞作品は、

29日まで商店街の一角、「しまなみパティオ」で展示され、

30日には、今治市役所から今治港へ続く道、広小路で行われる

「シンボル広小路」というイベントに合わせて、

VISAGEという商業ビルの1階に展示されます。


気になる方はぜひ。





ちなみに今年スタッフがたくさん目に付いたのは・・・





バリィさん。




バリィさんに





バリィさん。

他にもたくさんのバリィさん作品が。

聞くところによると、全国のゆるキャラランキングでも堂々の第2位とか。

子供から大人まで、みんなに愛されるバリィさんです。