スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

金澤翔子展

 
愛媛県美術館で開催されている、金澤翔子展、行ってきました。


以前テレビで、金澤翔子さんとその作品の数々を知っていらい、


いつか本物を見てみたい


と思っていた願望が、ようやく叶いました。








前々から知っている、聞きなれた言葉でも、


すばらしい書の作品となって目の前に現れると、心にズドンと響いてくる。


そんなすごい力を感じます。







ちなみに、


彼女の代表作のひとつに、六龍(ろくりゅう)というのがあって、


一人の人間が成長し、実力をつけ、世の中を渡り歩くようになる一連の様子を、


6段階の龍に例えて表した言葉なのですが、







どうやら、この作品を目にとめた人はたいてい、


今の自分はどの龍にあたるのだろう、と考えるようで・・・











潜龍(せんりゅう)とは第一段階で、


まだ実力がついておらず、水面下に潜んで力を蓄えている状態の龍だそうです。











乾龍(けんりゅう)とは第3段階で、


実力がついてきて世の中に足を踏み入れ、


向上心を持って努力している状態の龍、とのこと。








どうやら私は、ひとまわりくらい年下のギャルたちに、


2段階も先を越されているようでした。








・・・・がんばろ。


絵画コンクール

 
今年の絵画コンクール、



建築士会支部長賞の模型を自分たちで作らないといけなくなり、



本当にできるのだろーか・・・



という不安が頭の片隅によぎりながらも、みんなでがんばった結果、







無事、出来上がりました。


タイトルは、「おいでよ!ぼくらのわんぱく☆ぼうけんがっこう」






カラフル階段に・・・





スリル満点、スライダー。


えんぴつやけしごむの形の教室、天体観測ドーム、木と木をつなぐ吊り橋・・・


いろんなアイデアが盛りだくさんで、それぞれが上手に組み合わされていて、


本当にすばらしい。


見れば見る程楽しい気持ちになります。






みなさん興味深々。






支部長賞以外の入選作品に・・・





今年ももちろん、全作品展示。


入選作品以外でも、アイデアが良かったり、


丁寧に、色彩豊かに書き込んでくれている絵がたくさんあって、


そんな絵が眺められるのも楽しいですね〜。






忙しい仕事の合間をぬって、模型作りの手伝いに来てくれたり、


夜遅くまで手伝ってくれた建築士会今治支部の方々、


ありがとうございました。

募集

 
実は、前回ご紹介した絵画コンクールの模型・・・


いつも作ってもらっている、建築模型のプロA氏が今年は忙しくて作れないため・・・


自分たちで作ることになりました。








いや、一度は別の業者さんに頼んでみたのですが・・・




この絵をもとに、↓





こんな設計図を書いて持っていくと・・・↓




こんなのできません〜


と、断られました。(。・ ω<)ゞテヘペロ








模型の展示は10月11日(土)12日(日)。











・・・・・












というわけで、建築士会今治支部のメンバーには、


来週お呼びがかかりますので、ぜひご協力をお願いします。


建築士会今治支部のメンバー以外でも、ぜひお手伝いしたいです!という方は、


当事務所までご連絡を〜

がんばる大人



ここ2〜3日の大野さん。↓






毎年恒例、いまばりのまちをつくろう!絵画コンクールの


建築士会今治支部長賞の作品の模型づくりにとりかかってます。





この作業中、大野さんの頭の中は現実からかけ離れてしまうので・・・


途中でスタッフが図面を見せに行くと、


いちいち現実に戻るのが大変みたいですね。







今年の支部長賞は小学4年生の男の子の作品。


見れば見る程よく書きこんであり、ひとつひとつにちゃんとストーリーがあって、


すごいなぁ〜と感心してしまいます。


これがどういう立体物になるのか・・・


・・・大人のがんばりにかかってますね。

おかしのまちづくり



 先週の土曜日は、建築士会今治支部のイベント、


「おかしのまちづくり」のお手伝いに行ってきました。


今年で2回目になるこのイベント。


大好評なようで、申し込み開始後、すぐ定員いっぱいになるそうです。






普段、建築の仕事をがんばっている建築士たちも、


この日ばかりはエプロンを身につけ、


保母さんっぽかったり、ジャムおじさんっぽかったり・・・





おかしの家なんて、子供の夢ですよね。


たくさんの子供とお菓子と触れ合えて、楽しいひとときでした。

イベントあれこれ

 

最近、事務所にイベントのチラシがたまってきたので、少しご紹介。






4枚ワンセットのチケットを購入して、


今治の飲食店をちょっとづつ飲み歩くというイベント、「いまバル」。


去年初めて開催して、まぁまぁ好評だったようで、今年も開催されるようです。


去年はイベントキャラクターが鷹とトラのかぶり物をかぶったおじさんでしたが・・・


今年はかわいらしい女性に変わってますね。


イメチェンの効果は如何に








そして、去年好評だった今治市公会堂のライトアップが、、


今年も行われるようです。





今年は市庁舎もライトアップするらしいのですが、


その全貌はスタッフも確認できてません・・・


ライトアップが始まってからのお楽しみですね。








それから、これも毎年恒例、





建築士会今治支部が行っている、


小中学生向けの絵画コンクールのポスター用の、大野さんのスケッチ。


今年も、「学校」がテーマになる予定なので、


とりあえず、大野さんの母校(中学校)を書いてみたのだそうです。





木造校舎がいい雰囲気だったので、ブログに拝借させてもらいました。

ご好評につき

 
先月の29日から行われてきた、今治市公会堂のライトアップが・・・


ご好評につき来年3月末まで延長が決まりました。





スタッフも、今治の知り合いに


「公会堂見たよ〜」とか、「キレイだね〜


なんて言ってもらえて、とっても嬉しい。




(※アンケートの受け付けは終了しました。)



色が変化しているところが見えると楽しい、とのことで、


どんなタイミングでどのくらい色を変化させるか・・・


照明スタッフの方が試行錯誤してますね。




なので今後、色の変化を楽しめる機会が増えそうです。


ライトアップ


昨日は中秋の名月でしたね〜


スタッフの周りでも今年は特に、はりきっている人が多くて、


毎年、誰も中秋の名月なんて気にしてないのにナゼ・・・


と思っていたら、


中秋の名月の日にちょうど満月になるのが、


今年を最後に、次は2021年なのだとか。


スタッフも一応、ベランダから月を眺めておきました。





しかし


もし、名月を見逃した方がいても、大丈夫。


月の代わりにナント


今治市公会堂が光ってくれます。






・・・ちょっと強引でしたかね。スミマセン


去年今治城で行われた、


今治市ライトアッププロジェクトの第2段です。







9月27日(金)〜10月27日(日)の期間中、


18:00から24:00の間、公会堂がライトアップされ、


毎時00分の時報とともに、じわ〜っと色が変わるのだそうです。


ライトアップによって、公会堂の美しさを再確認してもらえるはず。






近くをお通りの際は、気にしてみてください。


終盤



ただいま、今治は超大雨です。


昨日から降り続いている大雨で、事務所前の蒼社川がすごいことに・・・


水の怖さを感じてしまいます。


この大雨で、少しは来客数が減るのではないかしら・・・


といらぬ心配をするスタッフ。↓








今年、丹家健三生誕100周年でいろいろ行われてきたイベントも、いよいよ終盤。


今日は19:00から、今治市公会堂でシンポジウムが行われます。(入場無料)


この一連のイベントのおかげで、神谷宏治さん、谷口吉生さんなどの超大物にお会いできたこの一年。


今日は磯崎新さんにお会いできる〜




普通なら、がんばって東京に出かけて行ったとしても、そうそうお会いできない方たち・・・


なんだか棚ボタ的に、濃い一年になったような気がするスタッフです。