スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

完成見学会

 

【松前のガレージハウス】の完成見学会、無事終了しました。








寒い中、たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。




































近況あれこれ

 
とうとう12月ですね〜



今年の年末は竣工が2件重なってバタバタになりそうです。



松前のガレージハウスは・・・





完成間近。


養生がはがされると一気に表情が出てきますね。






味酒の家は・・・






和風モダンな雰囲気が出てきました。








そして先日



西条で、テナントTの地鎮祭が行われました。







西条は平野が広くて、晴れるととっても気持ちがいいですね。






最後に


今治市公会堂で来年の2月29日に


倉本聰演出の舞台、「屋根」があるそうです。










興味のある方はぜひ。



http://www.kuramotoso.jp/yane2016.html

ご案内


 いよいよ工事も終盤の【松前のガレージハウス】



お施主さんのご厚意により、内覧会を開催することになりました。



今回は完全予約制になりますので、事務所HPお問い合わせコーナーから申し込むか、



もしくは直接事務所までご連絡ください。






     日時 : 12月5日(土) 11:00〜17:00
            
              6日(日) 10:00〜17:00


     場所 : 伊予郡松前町
           
           詳しい住所は、申し込みの方にメールかFAXでご連絡いたします。



      お待ちしております。

終盤



すっかり寒くなってきた今日このごろの、松前のガレージハウスは





工事も終盤です。


12月上旬には完成見学会を開催予定です。


こうご期待。





味酒の家では・・・





内装工事のまっ最中。


こうして写真を撮っていると、和室の造作ってなんとも絵になることに気付きます。


日本で積み重ねられてきた意匠性ってすごいですね。






ちなみに先日、


最近話題の、「ボクは坊さん。」を見てきました。







今治市内のお寺、栄福寺の住職 白川密成さんの書かれた本をもとにしたこの映画。





一人の若者がお寺の世界に飛び込んで、


いろいろな現実にぶつかりながらも、


一歩ずつ一人前のお坊さんへと成長していく様子が、


なんとも実直に表現されてて、共感できる部分もいっぱいあって、そして泣ける・・・


という感じでした。


オススメです。

最近の

 

松前のガレージハウス






床のフローリング張りが始まりました。


ぐっと部屋っぽくなってきて嬉しい。









リビングの鉄骨階段も、セッティングー。



今までハシゴでしか上がれなかった、


近くて遠いその場所に・・・


安全に上がれるようになります。








この日、大野さんがボソッとつぶやきました。


「鉄骨階段、何色にしようかな・・・


何色になるかは、できあがってからのお楽しみです。

建築家って

 

9月に入ってだいぶ涼しくなりましたね〜。


味酒の家では、鉄骨階段がお目見え。





ベランダからは梁表しの軒天が、間近に見られます。





 

松前のガレージハウスでも、鉄骨階段がスタンバイ。





天井の杉板貼りも、少しづつ進んでいます。





仕上げ材が見えてくると、テンション上がりますね。









ちなみに






最近事務所に、記者さんが大野さんの取材に来られたのですが・・・


取材の最後、大野さんの顔写真を撮る際に一言。









「建築家の先生と言えば、斜めからのショットですかね?」










・・・・










確かに、


建築雑誌なんかに出てくる建築家の写真は、


斜めからのショットだったり、横向いてたり、


あっち見てたり、下向いてたり、


構図が変わってたり・・・


改めて眺めると、いろんなパターンがあって面白い。















ちなみに、大野さんは普通に正面から撮影してました。


そこらへんにこだわりは、特にないみたいです。

8月終わり

 8月もとうとう最終日ですね



子供のころは、8月31日は夏休みが終わる悲しさで、胸がいっぱいでしたが・・・



今は、日に日に暑さが和らいでいくのが嬉しい。



大人になって、強くなったんだか、弱くなったんだか・・・






というわけで、最近の味酒の家。





床の下地が張られて、だいぶ家らしくなってきました。


やはり、吹き抜けから入ってくる光の量は違いますね。





一方、松前のガレージハウスでは・・・






サッシの取り付けが始まりました






いろんな人と一緒に試行錯誤した末、ようやくついたサッシなので、


いつも以上に感慨深いです。

お盆明け

 
お盆休みの間、スタッフは松前のガレージハウスへこっそり侵入。







木造住宅ですが、一部こんな子たちも活躍します。













それと、東予方面に行ったついでに、

かねてから気になっていた、新居浜市のあかがねミュージアムを見学に。






さすが日建設計ですね。


どこもかしこもすばらしかったです。





別子銅山に由来する(と思われる)銅板の外壁。


当然の如く、近くで見ると夏の日差しでアツアツになっていて、


目玉焼きが焼けそう・・・・と思ってしまうスタッフでした。

松前の棟上げ

 松前のガレージハウスの棟上げも、無事完了しました。






建物と塀、ガレージで囲まれた、コートハウスでもあります。








角から見るとこんな感じ。






ひとまず、無事に組み上がって一安心です。



配筋検査



 松前のガレージハウス、配筋検査に行ってきました。







敷地に高低差があるので、玄関側の基礎が深くなり、迫力満点です。